本文へ移動

新着情報とお知らせ

2017年度定期採用者のアンケート結果
2018-03-19
弊社では毎年、入社をして頂いた定期採用者に向けてアンケートを実施しております。
入社をして感じたこと、思ったこと、これから頑張りたいことなどを答えていただきましたので、
ご覧下さい。
(プライバシー保護のため、氏名は伏せております。)
 
生技1室 女性
私がやりたかったことは「モノづくり」でした。
大学は農学を選考していて現在の職種である生技とは全く関係がなかったです。
そのため入社をする前は自分が本当にやっていけるのか不安がありました。
しかし、入社をしてみると丁寧に1つ1つ教えてくださる先輩方や話しやすく相談しやすい
上司がいて、分からないことを気軽に聞く事ができました。
最近ではできることも増え、先輩方に任せてもらえることが多くなった一方でできない事も
多くまだまだ力不足を感じることもあります。
だから、今は扱えない道具やできない作業を任された仕事をこなすことで出来る様になって
自分で考えて動けるようになるのが今後の目標です。
生技は作業者を考えてラインを作ることが大事なので、作業者の方がケガしない、製品を作りやすい
ライン作りに気をつけていきたいです。
 
品質管理室 女性
学生時代、工業系の勉強は全くしてこなかったため、仕事についていけるか非常に不安でした。
しかし、先輩社員についてもらいながら仕事をしていくため、分からないことはすぐ聞くことができ、
知識がないことを前提として一から教えてもらえるため、毎日安心して仕事を始められます。
品管の仕事は少し堅苦しいイメージがありましたが、気さくで話しやすい人が多いため、
居心地の良い職場だと感じました。
何か困りごとがあれば近くにいる先輩社員に相談できるし、自分の予定に合わせて有給を取得しやすい
部署だと思います。
私が担当している仕事は、計画性や他部署との連携が重要です。
また、直接製品を作ることはありませんが、現場実習を経験したことにより製品の構成などが分かり、
日々学びながら幅広い視野で仕事に取り組んでいこうと思います。
 
生産3課 男性
学生の時は、学校にお金を払って学んだりやりたいことを見つける立場でしたが、
社会人では、お金をいただいて社会のために働いて役に立たなければいけない立場に
なったと感じました。
だから、言われたことは当たり前のようにできるようにして、言われたこと以外のことも
できるように自分の知識を増やしていくことが大切だと感じました。
職場の雰囲気はとても働きやすく分からないことなども先輩に聞きやすいので、
とてもありがたいです。
責任感のある仕事をやらせてもらっていると感じ、毎日やりがいをもって働けています。
今後は、自分のやるべきことをしっかりと理解して行い、少しでも先輩方に近づけるように学び
努力をしていきます。
 
生産2課 女性
責任感を持たないといけないところです。
学生時代は学校は休みたければ簡単に休むことができるけど、仕事となると行きたくないなと思う日があっても
どうしても体調が優れない日以外は急に休むなどはできません。
1人抜けるだけでも職場の人に迷惑をかけてしまうからです。
しかし、有給休暇というかたちで事前に報告し休むことができ、全く自由な休暇が取れない訳ではないので、
良い点だと思っています。
職場の雰囲気→気さくに話せる人もいて明るい職場だと思う。
今後頑張りたいこと→今年は貯金を頑張りたい。仕事では作業に対してミスなく確実性を高める為日によって
集中力が違ったりすることのないように、生活習慣も見直すようにしようと思う。
睡眠時間が少なかったりすると次の日の仕事に影響が大きいので、気をつけて生活したいと思います。
 
工務2課 男性
社会人になってみて感じた学生との一番大きな違いは責任感の違いです。
学生の頃はミスをしても自分が大変な思いをするだけでした。でも、社会人になると自分1人のミスが
他の人や会社全体にも迷惑がかかってしまうので責任感を持って仕事をしなければいけないと思いました。
職場の雰囲気は、皆気さくに話しかけてくれて分からないことがあるととても丁寧に教えてくださる優しい
人達が多い職場です。
今はまだ1年目なので教えてもらうことばかりだけど、そのうち新しく入ってくる子にも教えられるように
なりたいです。
 
工務1課 男性
恵那東海理化に入社してみて、まず学生から社会人になって責任というものが全く違うと思いました。
特に自分はラインに直接部品を供給したり、空箱を回収したりと生産部と直接関わっていて、部品が
足りなくなったりとすると、そのラインが一時的に止まったりして多くの人に迷惑がかかってしまうので
上手くコミュニケーションを取りながら、先のことを見据えて作業することを心がけています。
また、何より自分が所属する部署は人数が他の部署よりも少ないということもあってとても雰囲気がよく
集中した環境の中でのライン作業とは違って自分のペースで作業ができる職場だと思います。
今後も、部品の落下や各部品のロケ間違いなどをしないように日々、気をつけていきたいし、
自分の思い込みだけで部品を入れたりするのではなく必ずかんばんを確認して先入れ先出しを徹底して
作業をする必要があると思いました。
恵那東海理化株式会社
〒509-7126
岐阜県恵那市武並町新竹折22番地
TEL.0573-28-3000
FAX.0573-28-3007
自動車用樹脂部品の製造及び販売 (生産品目) ドアミラー、ホイールキャップ、スイッチ部品 シートベルト部品 等
TOPへ戻る